フェイスラインは、顔の大きさの印象を変えるだけでなく、スタイル全体の印象を決めるポイントにもなります。
フェイスラインがごつごつとしていたり、ぽっちゃりとしていたりすると、スタイルが良くてもごつごつとした印象になってしまったり、太った印象になってしまうことがあります。
フェイスラインの形成は、ダイエットやマッサージで改善することもありますが、顎やエラについては、骨格の問題がある場合があります。
骨格に問題がある場合には、骨を削ったりシリコンなどでバランスを整える必要があります。
医師としっかりと相談をして、希望通りのデザインに仕上げるために必要な手術を決めていきましょう。
骨削りの手術は難易度の高いものなので、医師選びを慎重に行うことも大切になります。

顎整形のメリットとデメリットとは

フェイスラインをシャープにするための美容整形手術として、顎整形があります。
骨格に問題がある場合には、骨削りやシリコンの挿入などを行って、顎のラインを整えていくことができます。
骨削りをした場合には、その効果は半永久的に持続するというメリットがあります。
また大幅なデザインの変更も可能なので、理想的なデザインにすることが出来るというメリットもあります。
デメリットとしては、手術後のダウンタイムが長期化しやすいということです。
骨を削ることによって、傷跡が落ち着くまでの時間が長期化しやすいので、しっかりと休むことが出来るようにスケジュール調節を行いましょう。
また高度な技術力が必要となるので、技術力の高い医師の手術が必要となります。
医師選びを慎重に行いましょう。

医師選びのポイントを知っておく

顎整形をするときに大切なことが、慎重に医師選びを行うことです。
特に骨削りなどの難易度の高い手術を行う場合には、医師の技術力によって仕上がりの状態が左右されてしまいます。
医師選びをするときには、クリニックのホームページなどに掲載されている医師の実績や、過去の症例集などをチェックしてみましょう。
自分の状態に似た症例を多く持つ医師であれば、カウンセリング時にイメージを伝えやすく、失敗のリスクを軽減することも出来ます。
手術費用などでクリニックを選ぶ人も多いのですが、手術費用が安いクリニックは未熟な医師による手術や、アフターケアがしっかりと行われないなどの可能性もあります。
事前にクリニックの口コミなどもチェックしておくと、より安心して手術を行うことが出来るでしょう。