すっきりとしたシャープなフェイスラインは、顔が小さく見えるだけでなく、スタイルも良く見えるというメリットがあります。
つんととがったあごに、ほっそりとしたフェイスラインは、体全体のバランスを整えることができるので、憧れている人も多いでしょう。
しかし、フェイスラインの形成は、ダイエットやマッサージでは効果が出ないこともあります。
特にあごの幅が広い人や、あごが長い人などは、骨格に問題がある場合もあるので、美容整形手術が必要となることもあります。
骨格の形成には、骨を削る手術が必要となることもあるので、医師としっかりと相談して、手術の内容を決めていくことが大切です。
手術後のダウンタイムも長期化することが多いので、スケジュール調節をしっかりと行いましょう。

顎の美容整形手術の方法とは

顎整形には、いろいろな種類と方法があります。
簡単なものでは、脂肪溶解注射などで、脂肪を取りのぞく方法です。
皮下脂肪の多い人や、脂肪によってフェイスラインが崩れてしまっている人に効果的な方法です。
骨格に問題がある場合には骨削りの手術が必要です。
皮膚を切開して、余分な部分の骨を切除していきます。
骨格自体のバランスを形成していくので、劇的な変化を望むことが出来ます。
一度手術を行うと、半永久的に効果を持続することが出来るというメリットもあります。
他にも、バランスを見ながら、シリコンの挿入などで形を整えたり、長さの調節を行うことも出来ます。
全ての手術には、メリットだけでなくデメリットやリスクも伴います。
きちんとデメリットやリスクも把握して手術を行いましょう。

顎整形のリスクと回避方法

顎整形の手術では、リスクが必ず伴います。
皮膚の切開をしない手術であれば、手術後のダウンタイムは短期間で済みますが、皮膚の切開を行う手術の場合には手術後のダウンタイムがしっかりと必要となります。
特に骨格の形成を行う骨削りなどの手術を行った場合には、ダウンタイムが長期間必要となるので、スケジュール調節をしっかりと行いましょう。
また、医師の技術力が未熟な場合には、皮膚に手術跡が残ってしまったり、仕上がりの状態が希望通りにならないなどのリスクもあります。
左右差が出てしまったり、バランスが悪いなどのトラブルも起こりやすいので、しっかりと医師と相談して手術内容を決めていきましょう。
医師の実績などもチェックしておくことで、リスクを回避することが出来るでしょう。