人の顔は少しの変化で大きく印象を変えることになりますが、その中でも印象を大きく受けるのが顎の形です。顎の形は人によって変わっており、個人を識別するさいの判断材料となりますが、同時にこのため顎の形の良し悪しが、その人の印象の良し悪しも左右することになります。またそのような顎ですが、顎は咀嚼のために可動する部位ですから、人によっての変化量が大きく色々な形があります。
ひとつは顎骨自体が大きく張り出している場合や、顎が前に突き出している受け口や、顎が引っ込みすぎている場合、また顎が長いといったものなどがあります。このため美容クリニックではさまざまな顎整形を行っており、その方法も豊富ですし、少しの整形であればメスを使わずにラインを整えることもできます。

顎整形をするメリットとリスク

顎の形を整えるメリットとしては、やはり印象を改善することができるということです。例えば頬のラインを削ることによって顔の印象を細く見せるといった効果を得ることができます。また顎が突出している場合には、印象が悪くなるので引っ込める方が印象を良くすることができます。
一方で手術には相応のリスクがあることも理解しておくことが重要です。切開を伴う手術でのリスクは神経を傷つける場合で、この場合には麻痺が出る場合があります。また骨を削ると骨が弱くなる場合もあります。このため手術によって整形する場合には経験の豊富な医師に依頼することが重要です。
一方で注射によって行う場合も同様で、この場合には意図的に麻痺させることで筋肉を引き締めるボトックス注射やヒアルロン酸など体内に存在する成分を注入することで形を整えますが、この場合にも無理な整形によって後遺症の副作用が出る場合があります。

整形するのに必要な費用は

顎整形に必要な費用はその施術方法によって大きく変わってきますが、相応に金銭的な負担が必要です。
切開を伴うような本格的な手術の場合には50万円以上します。もちろん術式やクリニックによっても大きく変わってくるので中には100万円を超える場合もあります。これらは傷跡や後遺症が残るといったリスクがあるのでクリニック選びが重要です。
一方で切開を伴う手術は、金銭的な負担が大きいだけでなく身体に与えるダメージも大きいため、切開を伴わない整形が人気があります。この場合には身体への負担が掛からないという点で切開を伴う術式と費用としてはそれほど変わりませんが、ボトックス注射やヒアルロン酸注入などは数十万円程度で顎のラインを整形することがクリニックで行うことができます。